受想行識亦復如是 じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ

ここでは、45文字目からの文を解説します。

受想行識(じゅそうぎょうしき)

前述の通り、五蘊(ごうん)は「人間の心身を構成している五つの要素」という意味です。
五蘊は、色・受・想・行・識の5つで構成されます。
この文の前で、色(しき)について詳しく説明したので、受想行識(じゅそうぎょうしき)の残り四つの要素も、という意味になります。

亦復如是(やくぶにょぜ)

亦復如是は、「〜も、まったく同じこと」という意味です。

受想行識亦復如是(じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ)

般若心経の読経・写経用ページでは、
残りの心の四つの働きの場合もまったく同じことなのである
という訳にしました。

前ページ(Previous) | トップページ(Top) | 次のページ(Next)



般若心経の読経・写経 |  般若心経の意味 |  般若心経の本 |  Heart Sutra in JAPAN |  煩悩(ぼんのう)