無色無受想行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法 - 般若心経の77文字目

ここでは、77文字目からの文(無色無受想行識無眼耳鼻舌身意無色声香味触法 むしきむじゅそうぎょうしきむげんにびぜっしんいむしきしょうこうみそくほう)を解説します。

無色無受想行識(むしきむじゅそうぎょうしき)

無色は「形あるものはない」という意味です。
無受想行識は、「感覚も念想も意志も知識もない」という意味です。
色受想行識については、五蘊(ごうん)の解説を参照してください。

無眼耳鼻舌身意(むげんにびぜっしんい)

無眼耳鼻舌身意は、「眼・耳・鼻・舌・身体・心といった感覚器官もない」という意味です。

無色声香味触法(むしきしょうこうみそくほう)

無色声香味触法は、「形・音・香・味・触覚・心の対象、といったそれぞれの感覚器官に対する対象もない」という意味です。
直前の無眼耳鼻舌身意に対応した対象になっています。

前ページ(Previous) | トップページ(Top) | 次のページ(Next)



般若心経の読経・写経 |  般若心経の意味 |  般若心経の本 |  Heart Sutra in JAPAN |  煩悩(ぼんのう)