三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 - 般若心経の176文字目

ここでは、176文字目からの文(三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅三藐三菩提 さんぜしょぶつえはんにゃはらみったことくあのくたらさんみゃくさんぼだい)を解説します。

三世諸仏(さんぜしょぶつ)

三世(さんぜ)は、過去・現在・未来という意味です。
諸仏(しょぶつ)は、正しく目覚めたものたちという意味です。
仏教では過去・現在・未来にわたって、多くの仏さまがいます。

依般若波羅蜜多故(えはんにゃはらみったこ)

般若波羅蜜多は、彼岸に到る本質的な智慧という意味です。
依は、「〜により」という意味です。前述の菩提薩埵が、「般若波羅蜜多により」と訳します。
故は、ゆえにという意味です。

得阿耨多羅三藐三菩提(とくあのくたらさんみゃくさんぼだい)

得は、〜を得たという意味です。
阿耨多羅三藐三菩提は、この上なき悟りという意味です。

前ページ(Previous) | トップページ(Top) | 次のページ(Next)



般若心経の読経・写経 |  般若心経の意味 |  般若心経の本 |  Heart Sutra in JAPAN |  煩悩(ぼんのう)