故説般若波羅蜜多呪即説呪曰 - 般若心経の232文字目

ここでは、232文字目からの文(故説般若波羅蜜多呪即説呪曰 こせつはんにゃはらみったしゅそくせつしゅわっ)を解説します。

故説般若波羅蜜多呪(こせつはんにゃはらみったしゅ)

故は、ゆえに(または、したがい)という意味です。
説は、述べるという意味です。
般若波羅蜜多は、彼岸に到る本質的な智慧という意味です。
呪は、真言・マントラという意味です。

即説呪曰(そくせつしゅわっ)

即は、すなわちという意味です。
説は、述べるという意味です。
呪は、真言・マントラという意味です。
曰は、いわく(論語の「子曰く」と同じ意味。言う。)という意味です。

前ページ(Previous) | トップページ(Top) | 次のページ(Next)



般若心経の読経・写経 |  般若心経の意味 |  般若心経の本 |  Heart Sutra in JAPAN |  煩悩(ぼんのう)